むしろどんどん見て。
by ryoutasty
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
ライフログ
アメリカレポートその5
どうも、もちろん脇毛生えてます。
でおなじみのえなりかずきです。

さて出発の日、
ベッドメイキングにチップを渡すのも最後なので、
残った小銭を多めに置いておく。
それだけでは素気ないので一筆添えておく。
【Thank you so much. You are 床上手.】
意味を調べられては困るので英語でいいように説明を足しておいた。

さていざ帰国へ。
なんと帰りの飛行機は4/8のトイレが壊れているらしい。
水分控えめに映画を堪能。
帰りは11時間かかるので3本も観た。
やっぱ音声あるっていい♪
「a beautiful mind」と「in her shoes」と「ブルース・オールマイティー」。なかなか面白かった♪
それプラス話したり寝たりで退屈することなく成田16:15着陸。
よかったよかった♪ここまでは・・・

外は雪!
ダイヤが乱れているらしいが時間通りに到着したし、
問題ないだろうと楽観。

1時間経過・・・
どうやら前の飛行機が降ろしおわったら次なのであと30分くらいだとアナウンス。
そうかそうか、まぁいいよ。

2時間経過・・・
空港が混雑しすぎて前の飛行機を移動させる場所がないとのこと。管制塔とバス等あらゆる手段について交渉を行ったがいい返事を得られないとのこと・・・
そ、そう。イライラ

3時間経過・・・
遂に映画を放映しだす。
まぁ最後まで観ることはないだろうけど。なんとかヘブンとかいうのを観だす。なかなか面白い。

5時間経過・・・
なんと見終わってしまった。結構感動した。
ってこら。遅すぎじゃね?出して歩かせてくれ。
そろそろ俺の乳首が火を噴くぜ!?

6時間経過・・・
ようやく開放。もうイライラしたぁ・・・
結局17時間飛行機の中にいた。

やっと帰れる・・・

と思っていた。
しかし、無常にも入国審査中に終電が出る。
もちろんバスももうない。
レンタカー屋も閉まっている。
多くの日本人、外国人取り残される。
taxiに長蛇の列。
が、30分に1台くらいしか来ない。
諦めた・・・
まさかターミナルに泊まることになるとは・・・
飛行機→marriott→marriott→marriott→marriott→床
この質の落差・・・

もういきなり日本の印象最悪ですよ・・・
TOKYOに着いたと思ったらNARITAだし、野宿強要だし・・・

そういえば15時の機内食以来何も食べていない。

せめてもの償いで毛布と水、クラッカーが支給される。
難民キャンプか?

ぶつくさ言いながら3分で就寝。
なんとか始発で帰宅です・・・
疲れました・・・
以上!
[PR]
by ryoutasty | 2006-01-21 23:55
<< ぶた アメリカレポートその4 >>